DESIGNART TOKYO 2018 ハイライト
DATE:2018年8月20日 2018 INTERVIEW 2017
In to the EMITIONS-感動の入口

大胆で美しいインスタレーションの数々


photo:THE FLOW OF TIME / グランドセイコー
2年目を迎えたDESIGNART TOKYO(開催期間2018年10月19日~10月28日)は、
そのコンテンツをよりインターナショナルに、さらにパワーアップして開催致します。
世界屈指のミックスカルチャー都市、東京の街全体が美術館化する10日間、
会場となる街を彩る注目のデザイナー、アーティストの作品やインスタレーションなど、見所をハイライトでご紹介します。
 

台湾の建築家 邱柏文 (ジョニー・チウ) による Happier Café




グランドセイコーは、今年ミラノサローネに初出展し、話題となったアートインスタレーション“THE FLOW OF TIME“を

日本で初披露します。プロデューサーの桐山登士樹(株式会社TRUNK)は、なめらかな針の動きを特徴とする
独自の機構「スプリングドライブ」をモチーフに、世界観を表現します。
クリエイターにはTAKT PROJECT代表の吉泉聡、ストーリー性の高い映像表現に定評のあるCGディレクター阿部伸吾が参加。
その他、台湾の注目建築家 邱柏文(ジョニー・チウ / J C ARCHITECTURE)は、紙という素材を使った刷新的なアイデアが評価され、
昨年 IIDA(国際インテリアデザイン協会)の Interior Design Competitionを受賞した
”HAPPIER CAFÉ”を日本で展開します。



TOP